生活に取り入れられる、正しいヨガを知ってほしい

yogi sharanamのヨガ講師・横山ひろみさんは、固定スタジオは持たず、旭川市の様々な場所で意欲的にヨガレッスンを開催している。体に負担をかけるようなアーサナを頑張るよりも、生活に取り入れられるようなレベルのヨガから始めるのが信条だ。

ひろみさんはどんな形でヨガレッスンを行なっていますか
スタジオは所有しておらず、旭川市内のレンタルスタジオや公民館での講師活動、生徒さんのご自宅や幼稚園などで出張ヨガレッスンを提供しています。

出張レッスンで心がけていることはありますか
生徒さんが解放的にヨガを行い、心地の良い時間が味わえるように心がけています。レンタルスペースでも空間の雰囲気には拘り、アロマを用いたり、スタンドライト等を持参し調光にも気を配っています。 また、ヨガに必要なヨガブロックやヨガベルト、ブランケットなども用意しています。

健康イベントでの椅子ヨガ

レッスン内容を教えてください
ハタヨガベースで参加されている生徒さんの様子やその日の調子、疲労感やエネルギー量を見ながら、さまざまなレッスンを行います。
アームバランスやヘッドスタンドなど上級者向けのアーサナにもトライしたりすることもありますが、リラックスメインの構成など、リクエストにもお応えします。
正しいポーズを取れるように、出来るだけアジャストし安全にレッスンを行います。
イベントレッスンとして、ティーンズヨガやキッズヨガも行います。

ティーンズヨガのイベントはどんな様子ですか
ティーンズヨガは、市内で中学生がヨガを受けられる環境が少なく、思春期で難しい中高生の時期に親子でヨガを体感し穏やかな時間を共有ていただくというイベントを行いました。
勉強に部活、難しくなる人間関係にアルバイトなど頭も身体も心も忙しい10代に、心を穏やかにする時間と、難しい時期を上手に乗り越えるメンタル面へのアプローチを目的としました。

キッズヨガのイベントも教えてください
キッズヨガは、親御さんの依頼で、お母さんがやっているヨガを子供も体験したいという声を基に開催しました。バランスポーズなどで集中力を高めたり、親子で一緒にポーズを取るなどの楽しい時間になるように行いました。

幼稚園ホールでの出張ヨガ

どのような点に力を入れて教えていますか
アーサナは足の位置や幅、重心の位置、背骨や骨盤の向き一つで身体に与える影響は大きく変わります。正しいポーズの取り方と、自分自身の今の身体を理解し、自分らしいポーズの取り方、ヨガとの向き合い方を中心にお伝えしています。
ヨガをすることで辛くなっては意味が無いため、自身の心地よさと解剖学的な観点からの安全性についてをしっかりと伝え、日々の生活から離れることで与えられる心の解放と身体に与える違和感の改善を目的にレッスンを行っています。

レッスンの中で工夫していることはありますか
一方通行のクラスではなく、参加者同士も交流の場にもなるように進めています。
例えば、定期のクラスでもペアワークを取り入れ、自分の身体だけでなく、人と触れ合うことで理解できる身体の変化などを体感していただいています。 二人で行うと楽しいポーズや、人をフォローすることで身体の動きや安全性などをより分かりやすく伝えるようなクラスをつくっています。 自分の目で見ることが出来ない身体の動きなどを、しっかりと見て、触れて、自分で行う際のイメージや感覚を掴んでいただきます。

ヨガを通じて、生徒さんにどんな経験をしてほしいですか
哲学的な難しいことからではなく、生活に取り入れられるレベルから正しいヨガを知っていただき、自分自身に与えるヨガのすばらしさを知っていただきたいと思います。 また、ヨガを通し自分の身体や心を理解していくことで、今までよりも生きやすくなる方法を見つけてほしい、感じてほしいと思っています。 誰かのためではなく、自身の人生があり、それを楽しむ満喫する権利があることや、自分を労わることの大切さ、自分を認め好きになることのすばらしさを一緒に探していきたいです。

青空ヨガ