アーサナにどう取り組むかが大切 ヨガを通じて内側の声にも気づいてほしい

今回お話を伺ったのは、OC YOGA STUDIO TOKYOのスタジオマネージャー兼ヨガインストラクター・Riyonさん。
『アーサナ(ポーズ)をとる事が目的ではなく、アーサナにどう取り組むかが大事』という想いで進めるレッスンについて、お話を伺った。

こちらはどのようなヨガスタジオですか
隠れ家のような少人数制ヨガスタジオで、一人ひとりとのコミュニケーションを大切にし、カウンセリングを行いながら心身の状態に合わせレッスンをしています。
ヨガ初心者の方はもちろん、身体が硬い方、老若男女問わずレッスンに参加していただけます。

ヨガクラスの中で一人ひとりとのコミュニケーションとは、例えばどんなことでしょうか
その方によって身体の柔軟性も違うので、アーサナ(ポーズ)の時にその人に合ったアジャストをしています。
また、クラスの前後ですが身体のことだけでなく、最近あったプライベートでの出来事や恋愛、家庭の悩みなど相談してくださるも方も多いので、スタジオに来たら身体も心もリフレッシュしてもらいたいため、ヨガだけでなく、会話も大切にしています。

習えるヨガの種類を教えてください
ベーシックヨガ、骨盤調整ヨガ、リラックスヨガ、ヴィンヤサフローヨガなどです。マンツーマンレッスンも行っています。

どのような点に力を入れて教えていますか
『アーサナ(ポーズ)をとる事が目的ではなく、アーサナにどう取り組むかが大事』だとお伝えしています。柔軟性、骨格、性格、みなさんそれぞれ違います。アーサナを一生懸命とろうとする方もいるのですが、アーサナの完成が重要なのではなく、どう取り組んでいくかが大切だと考えています。
身体の硬い方、必要な方にはブロックなどの道具を使ってもらい軽減法を取り入れながら、それぞれに合わせたレッスンを行っています。

アーサナにどう取り組むかとは、具体的にどういうことでしょうか
ヨガ初心者の方はとくに、身体に無理してアーサナをとろうとする生徒さんが多いので、体験レッスンにいらした生徒さんには、「呼吸・骨の位置・どの筋肉が動いているか」を観察してみてとお伝えしています。私も生徒さんが気付きやすいよう、言葉でポーズの取り組み方を伝えるよう心がけています。

スタジオでのヨガを通じて、生徒さんにどんな経験をしてほしいですか
何かを変えたい。というきっかけでヨガを始める方が多いかと思います。体型を変えたい、リラックスをしたい、など人によって理由は様々です。外見にとらわれがちですが、目に見えない内側の声にも気づいていただけたらと思います。
レッスンはシンプルなポーズが多いです。心地のいい呼吸を行っていなければ、ただ、ポーズをとるだけになってしまいます。 クラスを通して自分の呼吸とポーズに意識を向け、自分に合った心地のいい呼吸、心地のいいアーサナを見つけていただけたらと思います。

OC YOGA STUDIO TOKYO
東京都品川区東大井5-2-13 新館3F大井ビル
https://ocyogastudiotokyo.com/
スクールの情報を見る