アシュタンガヨガ –力強くダイナミックなヨガ–

アシュタンガヨガの背景

インドのシュリ.K.パタビジョイス師(1915−2009)が体系立てたヨガです。約2000年前に記されたヨガの聖典「ヨーガ・スートラ」に記載されている「八支則」をベースに、現代の人々に合わせてアレンジしたものとされています。一般的に言われているアシュタンガヨガとは、アシュタンガ八支則の3番目にある、アサナ(ポーズ、坐法)を中心に行う、「アシュタンガ・ヴィンヤサ・ヨガ」のことです。
パタビジョイス師はインドのマイソール地方にアシュタンガ・ヨガ・リサーチ・インスティテュート(現KPJAYI)を設立しました。現在は孫で継承者のシャラート師がディレクターを務め、世界中から練習生が集まっています。

アシュタンガヨガの特徴

呼吸とポーズを連動させて流れるように動くヴィンヤサスタイルのヨガです。ポーズの順番、カウントが決められていて、太陽礼拝・スタンディング・シッティング・逆さのポーズ・フィニッシングのポーズで構成されています。
アシュタンガヨガは、力強くダイナミックなヨガで、運動量の多いヨガです。アメリカで人気となったパワーヨガは、アシュタンガヨガがベースにされています。

世界中の有名人にもアシュタンガヨガは実践されており、マドンナやスティング、最近の日本ではモデルのSHIHOや道端ジェシカなどが知られています。

アシュタンガヨガを習うなら –ヨガスタジオでの実例–

ヨガスタジオ「yoga house 239」でのアシュタンガヨガクラスについて聞きました
「女性のためのヨガ」「生活に根ざしたヨガ」をテーマに、アシュタンガヨガを伝えています。アシュタンガヨガのシークエンスに忠実に、ハーフプライマリーくらいまでを練習しています。少人数制のクラスなので、個々の身体に合わせた丁寧な指導、アジャストを心がけています。初心者の方は一つ一つのポーズを確認しながら行う基礎クラスがオススメです。ベーシッククラスでは、アシュタンガヨガの練習の後に陰ヨガを行います。陰ヨガで身体の力を抜き、リラックスすることで女性ならではの心身の不調を整えていきます。どのクラスも参加者のレベルに合わせて調整しています。

「yoga house 239」のヨガスタジオ インタビューはこちら

アシュタンガヨガの力強さを、現代女性向きにアレンジして伝える

【監修及び実例提供】

池田育永

2004年からケン・ハラクマ氏、バーシャ・リプスカ氏、
ゴビンダ・カイ氏等から本格的にアシュタンガヨガを学ぶ。

膝を痛めたことを機に、アイアンガーヨガを学ぶ。

2007年長女出産
2010年長男出産
2014年双子の男の子を出産

IYCヨガベーシック中級指導者養成108時間コース修了。
双子出産後、陰ヨガを学ぶ。

WORKS:
「ケンハラクマのラジヨガTV」出演(BSフジ)
「ハピコレヨガ&プレティス」出演(ベネッセ)

ブログ: http://ikue1978.exblog.jp