女性の各ステージに特化した、様々なクラスを提供するヨガスタジオ

STUDIO UTENAは、「あらゆる女性のあらゆる世代のためのヨガスタジオ」をテーマにしている。代表の戸田多恵子さんの、それぞれのステージの女性を見る視点は深いものだった。実際にスタジオには、20代から70代後半の女性が訪れているという。

女性の各ステージに特化したクラスを提供

STUDIO UTENAはどんなヨガスタジオですか
あらゆる女性のあらゆる世代のためのスタジオです。
妊活、マタニティ、産後、育児中の主婦、働く女性ミドルエイジからシニア世代といった、20代から70代後半の女性がそれぞれのステージごとに通えるクラスが豊富です。 各クラスごとに経験豊富な専門講師が担当しており、安心してじぶんにあったレッスンが受けられます。

レッスン内容の特徴はどんな点ですか
カラダとココロの両面から、それぞれのステージに特化した内容が習えます。 体の仕組みや、心の負荷やストレスの手放し方、痩身、メンテナンス、持久力アップ、リラクゼーション法など、 各ステージごとに習えます。 例えば、マタニティの体の仕組みと、産後の体の仕組みは大きく変わっていきます。 また、年齢的にも女性の心身の変動は大きく、一番は今の自身にあった内容のものが選べるスタジオです。 自分軸が育つので、自分のリズムやペースを大事にヨガを楽しめます。

自分軸が育つというのは、どういうことでしょうか
周りの環境や、外側の何かに影響を受けすぎなくなるということです。 自分の本当の考えや思いや気持ち、リズムを大切にできるようになっていきます。 これが自分軸です。
自分軸が育つと、横繋がりのフィールドで生きる特徴のある女性は、周りの環境とのうまく関われたり、自分を表現し、相手を尊重した付き合い方が自然とできるようになります。

マタニティ、ミドルエイジなど、各世代が自身と向き合うことを重視したレッスン

各ステージに特化したプログラムにはどんなものがありますか
安産マタニティヨガ、産後ヨガ、女性のためのヨガ、シニアヨガなどがあります。女性のためのヨガは、女性の体の仕組みや年齢層に応じたケアリングや長年積み重ねてしまった心身の不安要素を改善させることを目的にしています。
ハタヨガを基本とした姿勢改善ヨガ、瞑想を基本としたラージャヨガなどもあります。

マタニティヨガはどんな内容ですか
マタニティの時期は、自分のからだの変化を大きく実感しやすく、クラスは本格的な内容となっています。 単なるマタニティ体操ではなく、息ののがしかたや、あらゆる変化を受け入れる器と物事の捉え方など、お産準備から、女性の人生観は大きいです。 女性のすべてを通して、体だけでなく、自分というものに改めて焦点があたる時期だからこそとても意識の高いクラスとなります。

ミドルエイジの働く女性向きのレッスンもありますか
40代~50代の働く女性は、体レベルで感じる不調だったりホルモンのバランスが変わっていく時期です。 働くことだったり、社会に貢献することは自分以外にエネルギーに向きがちになり、ふとしたときに心身の不調や疲れが受け止めきれなくなることもあります。
そこで、まずは自分の心身にエネルギーを向け、「与え」ていくことの必要性をレッスンで体感していただきます。 「ムリをしていた」「やりすぎていた」「本当は…がしたかった」など、 体を通して、今の心を受容します。
受容できたら、手放していくという段階にすすみます。 ヨガで何かを足されていく、というよりは、様々なことで張りぼて化した心身を一枚一枚はぎ落としていく、といったイメージの内容。 結果的に本来の自分に戻していくものです。

シニアの女性向けのレッスンはどんな内容でしょうか
シニアの女性は、普段の生活から体の不自由さ、痛み、持病も含めて不安要素を抱えている方々が多く、 その状態を改善に向かわせるのではなく、その状態と「いかに上手に付き合えるのか」といった術を伝えていきます。 丁寧に体をほぐすところに時間をかけ、骨の仕組みや筋肉をどうつかうと安全に体の部位が使えるなど、 リハビリ的な視点で体を動かしていきます。

自身を丸ごと受け入れ、その和を周りに広げてほしい

実際に生徒さんはどんな方がいらしていますか
20代から70代後半の女性です。 子育て主婦から働く女性、またそのパートナーも一緒にお越しになる人もいますが、ほぼ9割以上は女性です。自営、学校の教師、美容師、エンジニア、研究社、医療関係、などなど専門的なお仕事をされているかたも多くいらっしゃいます。
シニア世代は、持病を抱えた方、耳の不自由な方(補聴器装着で)、様々な体の方が元気に通われてます。

スタジオでの活動を通じて、生徒さんにどんな経験をしてほしいですか
本来の自分の生き方を尊重しじぶんやすべてのモノゴトをまるごと愛していいんだよ、ということに気づいていってもらいたい願いです。 女性にフォーカスを当てることで、本当の喜びや幸せを、あなたの家族や友人や兄弟や子供や関わるすべてに和がひろがることを切に望んでいます。 「今日のお母さんちょっと楽しそうで、うれしいな」みたいな、 そのすこしの幸せをすくい取れるような繁栄した社会を願っています。

STUDIO UTENA
東京都国立市東1-4-6国立商協ビル301
http://yoga-utena.com
スクールの情報を見る