骨盤底筋に焦点を当てたレッスンを、看護師の資格も生かして指導

骨盤底筋体操&ヨガ教室は、骨盤底筋にフォーカスするという明確な方針を持っている。看護師の資格も持つヨガインストラクターのMINAさんの説明は非常に明快で、骨盤底筋の重要性がよくわかるインタビューだ。

骨盤底筋にフォーカスしたプログラムを提供

「骨盤底筋体操&ヨガ教室」はどんな教室ですか
骨盤底筋にフォーカスしたプログラムで、女性の体づくりをサポートします。
骨盤底筋は、骨盤内の臓器を支える、骨盤の底にあるハンモック状の筋肉です。お腹周りを支える筋肉であるインナーユニットの一つとして体幹を支えてくれるとても重要な筋肉です。一般的には排泄コントロールのイメージがあると思いますが、「ぽこりお腹」「猫背」「尿漏れ」「たれ尻」など、老化や生活習慣による女性の体の変化を予防・改善してくれるとても重要な役割もあります。 骨盤底筋を単独で鍛える方法もありますが、とても意識しづらく、継続が難しいです。レッスンでは骨盤底筋と連動している様々な筋肉を動かしながら、骨盤底筋をメインに、他の筋肉も刺激していきます。

なぜ、骨盤底筋にフォーカスしてヨガを教えようと考えたのですか
看護師として、健康相談業務の仕事をしていた際に、尿もれや頻尿などの相談を受けたことがきっかけでした。 「ずっと誰にも言えなかった」とおっしゃる方がとても多く、中には数年に渡って悩んでいる方もいらっしゃいました。
女性が尿もれなどのトラブルを抱えやすい時期は、骨盤底筋に負荷がかかる妊娠中や産後、筋肉量が減る更年期です。骨盤底筋は筋肉ですので、ダメージを受けたまま、鍛えないで放置してしまうと衰える一方です。予防的に、また尿もれの初期に骨盤底筋を鍛えることで年齢を重ねたときの女性のQOLは格段にあがります。そのことを知っていただきたい、そのためにできることがあるということを伝えたいと思い、骨盤底筋にフォーカスを当てたクラスにしました。

ストレッチポールひめトレも利用、骨盤底筋を意識

レッスンの特徴を教えてください
レッスンテーマのベースあるのは「骨盤底筋」ですが、月ごとにもテーマ設定をして、「呼吸」や「股関節」など焦点を当てたプログラムにしています。
前半は、骨盤底筋をダイレクトに意識できる「ストレッチポールひめトレ」を使用して骨盤底筋を含めたインナーユニットを活性化させていきます。

「ストレッチポールひめトレ」はどのようなものですか
ストレッチポールひめトレは、骨盤底筋の感覚を感覚を入りやすくするための道具です。
骨盤底筋を鍛えるために医療機関などで指導されているのは骨盤底筋体操(ケーゲル体操)です。しかし骨盤底筋はとても意識しずらい筋肉のため、体感が得られにくい方がとても多いのが現状です。
ストレッチポールひめトレは、ほどよい弾力のあるポールで、外からの圧刺激により骨盤底筋をダイレクトに意識することができます。またこの道具を使いながら体操をすることで、骨盤底筋が働き、インナーユニット全体の活性化につながる効果もあります。例えば、骨盤底筋として連動しているお腹周りの筋肉も一緒に働くので、天然のコルセットといわれる腹横筋がよみがえり、ぽっこりお腹もスッキリするという効果も期待できます。

看護師とヨガインストラクターの両方の経験を生かす

看護師でありながらヨガインストラクターの資格取得をされたのにはどんな背景があったのですか
ヨガは3つの柱からできています。1つ目は「体を動かすこと」、2つ目が「呼吸法」、3つ目が「瞑想」です。
私の場合、ヨガを始める前までは「ヨガ=体を動かす」ということしか知りませんでしたので、運動不足解消のために始めました。 最初は週に一回のレッスンだけでしたが、少しずつ日常生活のなかにもヨガの3要素が取り入れられるようになり、体の変化だけでなく、心の変化、つまり疲れやストレスを感じたときの自分の中での切り替えが上手くなっていきました。こういった変化を少しずつ感じるようになる中で、より深くヨガを勉強し伝える立場になりたいと思い、インストラクターの資格を取得しました。

看護師だからこそレッスンの中で教えられることにはどんなものがありますか
例えば更年期は、閉経の前後5年間、トータル10年間を指します。閉経の年齢は個人差がありますが、平均50歳ですので概ね45歳から55歳の期間をさします。
更年期は女性ホルモンが減少することで、月経不順になったり、女性ホルモンが影響している自律神経が乱れることで、ホットフラッシュや精神的な不安定さを感じることもあります。更年期は誰でも訪れますが、生活に支障が出るほどの症状がある場合は、更年期障害として、治療をして症状を緩和させることができます。 他にも更年期症状の出方はストレスなどが大きく影響しますので、自分なりのストレスコーピングを身に着けておくことも大切です。
こういった女性の体のことを事前に知っておことで、自分がそのライフステージに入るときに、心構えができたり、医療機関に相談したりと対処しやすくなると思い、お伝えしています。

骨盤底筋体操&ヨガ教室
栃木県佐野市若松町504(城山公園内)
https://blog.goo.ne.jp/kmkotubanyoga
スクールの情報を見る