ハンモックフィットネスなど、空中と床のクラスを組み合わせて相乗効果を引き出す

昨今、空中で行うフィットネスを提供するスタジオが増えているが、空中と床のクラスを積極的に組み合わせるのは珍しいかもしれない。今回インタビューしたStudio Aerige 〜エアリージュ 〜は、空中と床のクラスを自由に組み合わせることで、発見を増やし、相乗効果を狙うという。

空中と床のクラスを組み合わせ、不足部分を補い合う

こちらのスタジオの特徴を教えてください
空中クラスと床クラスとを自由に組み合わせ、目的に合わせレッスンプランをご提案します。
床でのエクササイズだけでは限界を感じていた柔軟性が空中レッスンによってアップしたり、どちらか片方だけ受講するより空中クラスと床クラスとの両方をやるからこその相乗効果が期待できると思います。

なぜ空中と床を組み合わせようと考えたのですか
私自身、長くフィットネスクラブなどでエアロビクスやステップ、ダンス、ヨガ、筋力トレーニングなど経験してきていますが、身体の使い方を習得したり、痩せる・引き締める・筋力をつけるなどの目的を達成するためには、同じ内容を繰り返すだけより、種目を変えたり違うアプローチでの運動をすることで発見できることが多いと感じています。
空中でのクラスと床でのクラスとでは、身体への負荷が全く異なるので、それぞれのメリットを活かしてつつ不足する部分を補う意味で、両方からのアプローチは重要だと考えています。

実際に生徒さんは、例えばどのように空中と床のクラスを組み合わせていますか
例えば、ハンモックフィットネスで苦手な動きがある場合にその原因(柔軟性や筋力の不足など)の解決のために、フロアクラスをお勧めしたりしています。
また逆に、ハンモックフィットネスの方が柔軟性などを高めやすいケースもあるため、双方から補い合う形で組み合わせていただいています。

スタジオで習えることを教えてください
空中クラスには、ハンモックフィットネスやバンジーフィットネスなどがあります。
床で行うクラスは、ヨガや筋膜リリース、骨盤ストレッチ、ウォーキング、ボディメンテナンスなどです。

ハンモックフィットネスについて、詳しく教えてください
「ハンモックフィットネス」は米国のAntiGravity®︎によって開発されたプログラムで、動きの一つ一つが「安全第一」に考えられたテクニックです。初心者から上級まで段階を追っていくことで徐々に筋力も柔軟性も身につき無理なく上達ができることも特徴です。
また、NYの元体操選手率いるエンターテイメントカンパニーが開発したプログラムのためヨガやフィットネスの要素はもちろん、パフォーマンス要素も多く含まれています。スイングする、ジャンプするなどの動きでは自然と表情が緩み、笑顔で楽しんでいただけると思います。

バンジーフィットネスはいかがでしょうか
「バンジーフィットネス」は天井から吊るされた強靭な伸縮バンドによって新感覚なトレーニングができるプログラム。童心にかえってバウンドしながら30分で効率よく体幹を鍛えていただけます。
トランポリンでバウンドするのと少し近い体感なので、遊び感覚で身体を鍛えられることも人気の理由です

どのような点に力を入れて教えていますか
インストラクター全員が参加者お一人お一人の状態を共有し、一人の専属パーソナルトレーナーのように親身で行き届いた指導とアドバイスをしています。 また、会員様同士もお互いに声を掛け合い良い距離感で励ましあえるようなアットホームで「継続しやすいスタジオ」作りを目指しています。

Studio Aerige 〜エアリージュ 〜
東京都渋谷区西原3−17−15Sパティオ B1
https://studioaerige.amebaownd.com/
スクールの情報を見る